2020-12-05

宮崎県へ移住する際に知っておくと良いこと

地方への移住が注目されている中、宮崎県への移住を考えている人も少なくありません。宮崎県への移住を成功させるためには、いくつかのポイントを知っておく必要があります。まずは自然環境です。宮崎県というと温暖な地域というイメージを持つ人は多いでしょう。宮崎県の年間の平均気温は約17℃ですが、これは全国第3位となっていてイメージ通りとなっています。さらに、日照時間の長さや快晴の日数も全国トップクラスです。その一方、年間の降水量は九州で最も多い地域であることは知っておくと良いです。そのため、宮崎県へ移住するときは、水による被害を避けられるような場所を選ぶことが肝心です。

次に宮崎県の産業構造です。宮崎県は日本でも有数の農業県であり、第1次産業の就業者割合が全国でも上位になっています。つまり、それだけ農業関係の仕事が多いといえます。温暖な地域なので野菜や果物の生産量は高く、農業に関心がある人ならばおすすめの県かもしれません。また、宮崎県内の各自治体が主催する新規就農者向けの研修も充実しているので、移住する前に参加してみるのも1つの方法です。もちろん農業以外でも、企業や医療機関や福祉施設等からの求人はあるので、人材バンクに登録するのも手です。最後は物価です。総務省が発表した2016年の小売物価統計調査によれば、住居や食料といった費目の物価水準が全国トップクラスの安さを誇ります。地価も都市圏と比較すると安価であり、住宅の建築費用も安い水準となっています。